~アラフィフ主婦のぼちぼちブログ~

夏バテや運動後の疲労回復に。スッキリ美味しいローズヒップハイビスカスティー

アバター
WRITER
 
ローズヒップハイビスカスティー
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

 

こんにちは、あん子です。もう5月も下旬。もうすぐ夏ですね!(ってちょっと気が早いかな。)

 

春と夏は一年の中でも一番好きな季節なんですけど、この何年か夏の暑さがズシンと体にこたえるようになりまして。やだわ~歳取るって(-_-;)

フランスの冬のあの鬱々とした重苦しい空に比べたら、断然夏の暑さの方がマシなんですけどね。我が家は南西向きにやたらと窓があって、夏場はお昼ごろから猛烈に日差しが差し込むんですよ。しかも冷房なし!!(汗)。なので熱帯夜とか続いた日には寝不足疲れで頭がボーっとなってしまうんです。。。

以前は元気が出る系サプリを飲めばなんとかなったんですけど、ここ数年は更年期障害の影響もあってそれぐらいじゃ全然効かなくなってしまいました。

フランスで買ったサプリメントも、わざわざ日本から持ってきた有名なビタミン剤も効かないんじゃどうすりゃいいの?と困っていたところ、そうだ!ずっと前に美肌のために買ったローズヒップハイビスカスティーがあったっけ。と思いだしまして。

確かローズヒップはビタミンCがとんでもなく一杯入っていて、ハイビスカスには疲労回復効果のあるクエン酸が入っていたはず?と思って、まあでも疲労回復に効くビタミンをぎゅうぎゅうに詰め込んだビタミン剤で効かないんだからこんなの飲んだって何ともならないでしょ?と思いながらも数日間飲んでみたら・・・なんとこれがモロ効いたんですよ(またまた~嘘でしょ?と試しに数日間辞めたら、明らかに疲労感が増したので、やっぱり効いているんだと思います・・・)。

 

最近生活の見直しを図っていて運動も少し始めたので、今回は美肌・美白だけでなく夏バテ運動後の疲労回復にもピッタリなこの「ローズヒップハイビスカスティー」について書こうと思います。

 

◎ローズヒップとハイビスカスは、夏バテ・疲労回復・美肌に効く最強コンビ!!◎

ローズヒップもハイビスカスも、更年期の女性にとって大切な栄養がたくさん含まれています。主な効果をまとめてみました。

●ローズヒップ●

ローズヒップ

 

ローズヒップはバラの特定品種(特にイヌバラ)の果実で、とりわけビタミンCを豊富に含んでいます。その量はレモンの数十倍とも言われ、別名“ビタミンCの爆弾”とも呼ばれているそう。なんだか聞いただけでももの凄く効きそうですよね^^。

ビタミンC と言えば美肌美白効果が高いことで有名ですが、これはシミやソバカスの原因となるメラニン色素の生成を抑えたり、“体の錆”と言われ老化を進める活性酸素を取り除く「抗酸化作用」があるからです。

 

ローズヒップは疲労回復にも大きな効果を発揮してくれます。と言うのも人間が疲れ(ストレス)を感じた時は、ビタミンC を大量に消費すると言われているんですね。それでビタミンCを意識して補ってあげると、体の疲労回復に大きく役立つというわけです。

 

他にもビタミンAやB,Eなど美肌やアンチエイジングに効くビタミン、そして更年期の女性に特に必要なカルシウム、鉄分、亜鉛などのミネラルそしてポリフェノールも豊富に含んでいる、まさに女性に必要な栄養のかたまりなんです。

 

●ハイビスカス●

 

ハイビスカスティー

 

ハイビスカスと言うと、沖縄やハワイに咲くあの真っ赤な花を思い浮かべてしまいますが、実際にハイビスカスティーに使うのは、ローゼルという別の品種だそうです。

ハイビスカスの一番の特徴はクエン酸、リンゴ酸などが多く含まれている事。そしてこの酸味成分が疲労回復に大きな効果を発揮するんですね。クエン酸とリンゴ酸は、体内に取り込まれた食べ物や飲み物を効率的にエネルギー源に変えることが出来るため、たくさん摂ることで疲労が軽減すると言われています。

1964年に行われた東京オリンピックのマラソン金メダリスト、アベベ選手が競技中の栄養補給にハイビスカスティーを飲んでいたのは有名な話で、それ以来多くのスポーツ選手に愛飲されているそうです。

 

他にもビタミンCむくみを取るカリウムポリフェノールの一種強い抗酸化作用があり緑内障や白内障の予防にも有効なアントシアニンも含まれています。

 

◎ローズヒップハイビスカスティーの淹れ方と飲み方◎

 

ローズヒップティーとハイビスカスティーをそれぞれ単品で買ってブレンドしても良いのですが、ここではもっとお手軽に二つをある程度粉末にしてブレンドしたティーバッグの淹れ方をご紹介しますね。

私の場合、ペットボトル入りのミネラルウォーター(2L)の水を少しだけ減らして、そこにティーバッグを数袋入れるだけです

ってコツも何もないくらい簡単ですね(^^;)。

 

ティーバッグは3g入りのものを8パック使うので、ハーブの量は24gですね。私は酸味がある程度強い方が好きなのでこれ位入れていますが、量に関してはお好みで。

ただあんまり少ないとハーブの効果も薄くなるので、6パック(18g)位は入れた方が良いカモ。酸味が苦手な方は、飲む時にちょっと甘みを足すと和らぎますよ^^

 

それとティーバッグを入れる時は、そのうちの2~3個はわざと袋を破ってそのまま入れるのもお勧めです。これはローズヒップの栄養の大部分がお茶を淹れた後の出がらしの方に残ったままだと言われているからです。実際、出来たお茶と一緒にハーブの出がらしを食べた時の方がずっと元気が出ます、私の場合。

ただ作って数日後でもハーブは食べてみると結構固いので、全部は破って入れません。2~3割ぐらい袋を破って入れて、飲む時に一緒に食べる感じです。あんまり大量に食べると下痢になったりする人もいるみたいなので、その辺りは体の様子を見て適量を見つけて下さいネ!

 

作ったお茶は、冬は室内のあまり暖房の効いていない所で、夏場は冷蔵庫で保管していますが、体が急激に冷えないように飲む時は氷など入れず、あまり冷たくなり過ぎないように気を付けています。

 

ちなみにもちろんホットでもOKです。ビタミンCは熱に弱いからホットだと効果が台無しなんじゃないの?と思われるかもしれませんが、ローズヒップにはビタミンPというのが入っていて、それが熱によるビタミンCの破壊を防いでくれるんだそうです。

ただかなり酸っぱくて、温度が高いと酸味が更に強調されるので、それが苦手な方は少し冷ますか、甘みを入れた方が飲みやすくなると思います。

 

◎フランスで買うならこのお店がおススメ!◎

 

日本の場合はネット通販でもけっこう売っているようですが、フランスじゃあんまり見かけないんですよね。

こっちで初めて探したのは多分もう10年近く前になると思うのですが、リアル店舗だとLa Grande Epicerie de Paris (ラ・グランド・エピスリー・ドゥ・パリ。デパート Le Bon Marché ル・ボンマルシェにある高級食品売り場)で、写真にも載っている「LES 2 MARMOTTES(レ・ドゥー・マルモット)」というメーカーのもの。その当時は確か1箱3.9ユーロぐらいだったと思うのですが、去年久しぶりに見てみたらなんと6€超えてました(汗)。

ティーバッグ1箱に6€は出せんなあ。という事で庶民のワタクシはここは華麗にスルーして帰ってからググってみたところ、メーカーさんもちゃんとサイト販売していました。しかも1箱4.7€!その上55€以上の買い物で送料も無料!!という事で即買い。(※商品の値段や配送については変更があるかも知れないので、メーカーのサイトでご確認ください。)

 

まあ送料浮かそうと思ったら12箱も買わないといけなかったんですけどね。でも悪くなるものでもないし、1箱30袋入りなので1回に8袋も使っていたら3回半分でなくなってしまうので、ちょっと多めに注文しといてもいいかなという事で。

で、数日後無事に届いたわけですが、箱を開けてみると何やら白い袋が。そして中にはこ~んなにたくさん試供品入れてくれてました~\(^o^)/

 

ハーブサンプル

わ~いわ~い嬉しいな♪でも勿体なくてまだ1袋も飲んでない…

 

という事で、もしフランスでローズヒップハイビスカスティーをお探しなら、この「LES 2 MARMOTTES(レ・ドゥー・マルモット)」さんのサイトで直接購入するのがおススメですヨ^^。別に回し者ではないんですけど、実際ここで買うのが一番お得だと思います。少なくとも現時点では。

ちなみに1パック約3ℊ1箱30袋入り。配合はローズヒップ60%、ハイビスカス40%です。

あとサイトに行けば分かりますが、このお店では他にも色んなハーブティーが揃っているので、ハーブティー好きにはたまりません^^

 

という事で今回は、美肌はもちろん、運動後の疲労回復夏バテ対策に持って来いの「ローズヒップハイビスカスティー」と、おススメの購入サイトのご紹介でした。

 

ご参考までに^^

 

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© アラフィフからの、自分ケア , 2018 All Rights Reserved.