~アラフィフ主婦のぼちぼちブログ~

寒~い冬の夜に。体の芯まで温まるヴァン・ショーはいかが?

アバター
WRITER
 
ヴァン・ショー
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

お久しぶりです。あん子です。

かれこれ10日ほど体調を崩して、寝ちゃ~起き寝ちゃ~起きを繰り返しておりました。

せっかくの子供のバカンス中なのに、どこにも連れて行ってあげられず、ご飯と下の子の宿題に付き合うのがやっとという情けない日々でございます。

 

それにしても、寒いっ!!

 

モスクワ上空からやって来た寒気の影響で大寒波に襲われているフランスですが、明日はこの冬一番の寒さになるそうです。私の住んでいる地域では-5℃と予想されていますが、ちょっとでも風が吹くと体感温度はすぐに-10℃以下に下がってしまいます。

 

せっかく頭痛が軽くなってきたから、まだ暫く家で大人しくしていよう。ヴァン・ショーでも飲みながら。。。

ということで、今日はフランスの冬の定番的飲み物、ヴァン・ショー(vin chaud)を作りました。

ホットワインって言う方が馴染みがありますかね。

あ、でもこれ和製英語なんですね。本来は英語じゃモルドワイン(mulled wine)、ドイツじゃグリューワインって言われている、いわゆる柑橘系の果物やら、香辛料と砂糖を加えて温めたワインの事です。日本のXmas市でも出店されているようですね。

 

これがね、飲むとも~うビックリするぐらい体が温まるんですよ。もの凄い速効性があります!!

温まり方で言えば、生姜湯とかの比じゃないです!生姜湯好きですけど。

各家庭で材料も微妙に違ったりするのですが、基本の作り方を書いておきますね。

ワイン1本分だと、万が一お口に合わなかったら勿体ないので、半本分ということで^^

 

◎ヴァン・ショーの作り方◎

【材料】

 

・ワイン 約370cc(赤が定番ですが、白でもOK。アルザス地方の白ワインで作るヴァン・ショーも有名です。)

・砂糖60g~(お好みでハチミツでも。)

・レモンの輪切り4枚~(皮は無農薬の場合は剥かなくてもOK。100%レモン汁でも可。)

・オレンジの輪切り4枚~(皮は無農薬の場合は剥かなくてもOK。100%オレンジジュースでも可。)

・シナモンパウダー小さじ1~(シナモロールでもOK。半本~。)

・クローブ(丁子)1~2個(無くてもOK。)

・生姜の輪切り2~3枚(無くてもOK。)

 

【作り方】

 

・全ての材料を鍋に入れて中火にかけ、沸騰直前で2~3分かき混ぜて出来上がり。

 

 

・・・超簡単でしょ?(^^)

出来立て熱々を、フーフーしながらお召し上がりください。

温まりますよー!!

ちなみに香辛料はお好みで、ここに書いていない、例えばカルダモン、八角(スターアニス)ローズマリー、ナツメグ、タイムなんかを少量入れてもいいし、スパイシーな味がちょっと苦手な方は、シナモンパウダーをちょこっとだけ振るとか、あんまり難しく考えずに、自分が美味しく飲めるように調整してみて下さいネ。

それから、ワインは一応温めはしますが、アルコール分も結構残るので、運転とか、お薬の服用時間は避けた方がいいと思います。

あと、お酒を飲まない方や、子供用には、ワインをぶどうジュースに替えて作ります。

基本的に、その時に飲み切る分だけ作りますが、残ってしまった場合は清潔なガラス瓶などに漉して入れて蓋をします。保管は冷蔵庫で、2日ぐらいで飲み切るようにしましょう。

飲む時は、コップに入れてレンジでチンでOKです!

我が家は夫が甘いワインがどうしても苦手なので、半本分作って、一人で2日かけて飲んでいます。

本当は1回で飲み切りたいところなんですけどネ。なにせ結構甘いので、ひと冬越した後の立派なお腹周りを想像して、自重しております(^^;)

 

フルーティーでスパイシーな、熱々のヴァン・ショー。木枯らしの吹く寒い夜に、ぜひどうぞ!

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© アラフィフからの、自分ケア , 2018 All Rights Reserved.