~アラフィフ主婦のぼちぼちブログ~

ノワゼットの本格的な味わい♡自家製チョコスプレッド〇テラ風(?)

アバター
WRITER
 
手作りヌテラ
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

こんにちは!あん子です。

フランス人が大好きなイタリア発のチョコスプレッド『Nutella(ヌテラ)』。今年の1月には、大安売りしたスーパーで激しい争奪戦が巻き起こり、それがニュースになるほど皆に愛されている“国民食”なわけですが、 「超簡単!エバミルクでミルクジャム&生キャラメル」でもお話したように、ここ数年ヌテラにたっぷり入っているパーム油の健康被害や環境破壊が注目されるにつれて、手を出すのにためらう人も出てきているようです。

そう言う私も出来るだけパーム油の入らないのを手作りできればなぁと思って、時々レシピを探して作ってみているんですけど、今日はその中の1つをご紹介しようと思います。

味はヌテラと全く同じとは言えませんが、ノワゼット(ヘーゼルナッツ)がたくさん入っている分、より香ばしく濃厚で、“手作りヌテラ”というよりも“本格派のノワゼットチョコスプレッド”って感じです。個人的にはヌテラよりもリッチな味わいが気に入っています。

ノワゼット(ヘーゼルナッツ)はナッツ類の中でも特に栄養価が高く、抗酸化作用がありアンチエイジングが期待できるオレイン酸ビタミンE、そしてミネラルをたっぷり含んでいるし、美容にも健康にもおススメです♪

 

◎ヌテラ風(?)ノワゼット入りチョコスプレッドの作り方◎

【材料】

 

・殻無しのノワゼット(ヘーゼルナッツ):150g

・ブラックチョコレート:150g

・バニラエッセンス:小さじ1/2

・粉砂糖:大さじ2

・塩:1つまみ

・植物オイル:大さじ2前後

・植物オイル:適量

※フランスの製菓用ブラックチョコレートはカカオが大体53%ぐらいです。

※植物オイルはあればノワゼットオイル(ヘーゼルナッツオイル)が良いですが、ひまわり油とかでもOKです。

 

【作り方】

 

①天板にノワゼットを乗せ、180℃~200℃のオーブンで10分前後グリルする(皮を剥くためと香りを出すためなので、焦げ過ぎないように時々様子を見て調節して下さい)。

ノワゼット1

このままでは皮が取れないので、少しグリルします。

 

 

②ノワゼットを布巾に包んでこすり、出来るだけ皮を取り去る。

ノワゼット2

皮が少し残っていても大丈夫です。

 

 

③ノワゼットをミキサーにかけ、出来るだけ細かくする(ノワゼットの油分でかなりモッタリ固くなります)。

④チョコレートをレンジでチンするか、湯煎にかけて溶かす(レンジの場合はチョコレートが焦げないように、時々確かめて下さい!!)。

⑤ノワゼットの入ったミキサーにバニラエッセンス、粉砂糖、塩、植物オイル(大さじ2)を入れ、更によく混ぜる。

➅ボウルに移し、チョコレートを混ぜ入れ、植物オイルを少しずつ垂らして、好みの固さに仕上げる(出来立てはドロッとしていても、冷蔵庫に入れると結構固くなります)。

ノワゼット4

⑦出来上がったら煮沸消毒した容器に詰める。

 

◎メモ◎

 

消費期限は3週間が目安です。保存料などが入っていないので、冷蔵庫で保管しましょう。

お好みで70%のチョコを混ぜると更に甘さ控えめの大人な味になります。パンやスコーン、クレープはもちろん、夏はバニラアイスに添えても美味しいですヨ♡

パーム油の代わりに美容と健康に嬉しいノワゼットがたっぷり入った本格派のチョコスプレッド。簡単にできるので、ぜひ作ってみて下さいね!

 

 

 

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© アラフィフからの、自分ケア , 2018 All Rights Reserved.