~アラフィフ主婦のぼちぼちブログ~

産院選びは慎重に‼フランスで1人目出産した時の悲惨な思い出(怒)

アバター
WRITER
 
産院1
この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

 

 

こんにちは!あん子です。

11月は長女の誕生月。14歳になります(#^^#)。

 

もう中学2年生か。早いもんだなぁ。

元気に育ってくれて有り難いね。

やっぱり子供がすくすく成長してくれるのが一番幸せな事だなあ。。。

 

なんてお茶すすりながら考えていたんですけど、同時に長女を出産した時の悲惨な体験の数々を思い出してしまいました。

 

いま思い出しても腹立つわー(怒)!!!

 

これからフランスで出産予定の方。産後嫌な思いをしないためにも、決して「出産は家の近くで良いか♪」なんて気軽に考えないで、産院はしっかり選びましょう!でないとこんな悲惨な目にあうかもよ!?(汗)

ということで今日は私が体験した、長女を産んだ時の最悪な産院のお話をしようと思います。。。

 

◎家から一番近いからと決めた産院。でも定期健診の頃から何となく違和感が◎

 

産院2

似てる。

 

妊娠が分かってから、家から一番近くて、知り合いも十数年前に出産したという某クリニックに予約を取りました。行ってみると結構大きいクリニックで、待合室には妊婦さんがいっぱい!

「いよいよ妊娠ライフの始まりかあ。なんかワクワクするな(#^^#)」

なんてテンション上がりながら診察室に入っていくと、そこには真っ青な目をした30代ぐらいの男の先生が。

あらまイケメン(^^♪ でも何かおかしいな。なんだろ・・・・・・・・・そうだ!

 

目が全然笑ってない!!

 

本当に全く笑っていないんですよ。口は笑ってても。

話し方もなんて言うのかな、人情味が無いっていうか、言わなきゃいけない事言ってるだけ、みたいな冷た~い感じなんです。

妊娠って、妊婦さんにとってはすごく嬉しくて幸せな事ですよね。それがぜ~んぜん祝福されていないような、とにかくなんか安心してこちらから話が出来ない感じなんですよ。

以来、定期健診のたびにどことなく居心地が悪くて、全くリラックス出来ませんでした(涙)

 

◎緊急入院して、その違和感が不安に変わる◎

 

産院3

 

私けっこうツワリがひどかったんですね。特にニオイがダメで。

ご飯の炊ける匂いから洗濯物の洗剤の匂いから、食べ物飲み物の匂いはもちろん、窓を開けて外から入ってくる空気の匂いまでダメなんです。

なので当然食事ができなくて、水を飲んでは吐き続けるという日が続いたために、2か月で6㎏ほど痩せたんですよ。

でもその時も「そうですか。」の一言でなんの対処も励ましの言葉もなく。

その冷たい対応を思うと、検診に行くのがだんだん苦痛になっていました。

 

そんななか、夏ごろに色々あってストレスが溜まっちゃたみたいでお腹が張りまくり。。。

9月頃、赤ちゃんがあんまり育っていないから家で安静にするように言われて、10月にはとうとう入院することになっちゃったんです。

一週間ちょっとかな。入院したんですけど、その時の看護師さん達っていうのがまた、そろいも揃って冷たいんですよ。いつも眉間にしわを寄せてぶっきらぼうで、威圧的で、おまけにいらん皮肉まで言って来るんですね。

仕事のストレスをモロに患者にぶつけている感じ。

いよいよ本気で「このクリニック、ヤバイかも!」と思い始めたんですけど、時すでに遅し(-_-;)。

退院後数日で出血があり、出産になってしまいました。

 

◎不安的中。最悪の産院体験◎

 

産院5

 

時期的には、安定期にギリギリセーフで入った直後だったので問題なかったのですが、まあ14年ぶりにざっと思い出しただけでも、出産から入院まで不信感まみれでした(-_-;)。

 

助産師の衛生管理がなってない!(怒)

 

まず出産中。無痛分娩にしなかったのであまりの痛さに朦朧としている中、ふと気が付くと目の前に金色のギラギラしたものが。どうやら途中から二人目の助産師さん(?)が入って来てたらしいんですけど、なんとその人、両手にでっかいブレスレットをジャラジャラと着けたまま仕事しているんです(@_@)

分娩中ですよ?衛生管理どうなってるんだ!!しかもこのおばさん。すごく感じ悪くて、こっちが苦痛でゆがんでいる時に

「こっち側に向いてって言ってるじゃない!」とか言って舌打ちするんです。

あんまり言葉が乱暴なんで、こっちも痛くてイライラしているし、思わず

「分かってますよ(怒)!」ってデカい声で叫んだら黙りましたけど。

 

産んでる最中も産んだ後も、隣の部屋の看護師さんたちの無駄話がずーっと聞こえてくるし、なんだかもう本当にこのクリニックにかかったことを後悔しましたよ。。。

 

預かった新生児を放ったらかし!(怒)

 

しかーし!!これは序章に過ぎなかったんですねー。本当の悲惨な体験はそこからでした。orz

産まれてきた娘に黄疸が出ていたんですね。まあ妊娠中に日本の妊娠・出産関係の本を読んでいて、新生児黄疸っていうのはそんなに珍しい事ではないと分かっていたからそんなに心配じゃなかったんですけど、しばらく光線治療を受けることになったんです。

それで娘をいったん看護師さんに預けなきゃいけなかったんですけど、出産もあんな感じだったし、どーもスタッフが信用できないな、、、と思って、光線治療室までついていったんです。そしたら

「お母さんは自分の部屋に帰っていてください。ここは立ち入り禁止です」って言われたので仕方なく部屋に戻ったけど、なーんとなく嫌な予感がしたんですよね。それで引き返してみたら、立ち入り禁止のはずの治療室からフツーに他のお母さん達が出たり入ったりしているんですよ。

「え?」と思って部屋をのぞいてみたらさっきの看護師さんはいなくて、娘の方を見たら、なんと治療中にするアイマスクが外れて、光線を直視しているじゃあないですか!!もう速効中に入ってアイマスク付け直しましたよ!!

 

そして当の看護師さんは、他の部屋で談笑中っていう・・・(-_-;)

 

後で調べたら、例えアイマスクが外れてもそれほど心配いらないらしいんですけど(でも退院後、念のため小児科の先生に話して診てもらいました)、

 

結果的に何事も無くても、他室でおしゃべりって何なのさ!?責任感全っっったく無し!!!(怒)(怒)(怒)

 

それ以降、母親も少し休むために赤ちゃんを預けるように言われたんですけど、断固拒否しました。(←もちろん笑顔でやんわりと(笑))

 

助産師同士のしれつな対立に巻き込まれる!(泣)

 

出産翌日から1日1度、助産師さん達がやって来て、赤ちゃんの世話の仕方(おむつの替え方、お風呂の入れ方、へその緒の消毒の仕方、おっぱいのあげ方など)を指導してくれるんですけど、この時の助産師さんっていうのが強烈で(^^;)。

どうやら助産師グループに2つの派閥があるらしく、それぞれの派閥に“ボス”らしきオバサンがいまして。このオバサン方が2人とも話し方から見た目から迫力満点で、誰もこの2人に文句言えないらしいんです。

日替わりでこの2つの派閥が列をなして代わりばんこにやって来て、もうその姿がすでに『白い巨塔』の回診シーンを思わせる迫力なんですけど、ボスがガーッと自分のやり方を早口でまくし立てるんです。

でもやり方がいちいち、もう1つの派閥のボスとビミョーに違っていて、どちらも細かいところまで自分の言った通りにしないと

「やり直ーし!!」って感じでやり直させられるんです。で、

「昨日の助産師さんからはこうするように言われたんですけど」なんて言った日にゃあ、

「まあ!そんな事教わったの?あっきれたわー!何言ってんのかしら彼女?ちっとも分ってないわね!!」と目を血走らせながらブチ切れて、ついでに何故かお付きの人たちまで叱責されてオロオロしているという。。。

 

まあこの手の人たちは、その場だけ「はいは~い」って言う事を聞いておけば、こちらに風当たりが強くなることはないから別にいいんですけどね。

それでも毎日、嵐のようにやって来て去って行った後は、かなりドドッと疲れてました。まさに余計なストレス。。。(-_-;)

 

カビと血痕だらけのシャワールーム!(鬱)

 

入院中は個室希望だったんですけど、最初は空きが無くて相部屋だったんですね。それでシャワールームも共同で、もちろん期待はしていなかったんですけど、入ってみたら想像以上の汚さでした(鬱)。とにかくタイルの目や隅っこのカビが酷いんです。あれ、絶対毎日掃除してなかったと思いますよ。変な話、水虫でも移されるんじゃないかって思ってドキドキしてました。

それと血痕。まあこれに関しては直前に使った人のマナーの問題も大きいわけですが、いくら皆さん出産直後とは分かっていても、あちこち血の付いたシャワールームに入るのはかなりの苦痛でしたよ。。。orz。。。。。

 

痛み止め持ってくるのに2時間!!(怒)(怒)

 

分娩中はあまりの痛さに気が付かなかったんですけど、どうやら会陰がビリビリに裂けていたみたいで(汗)。

回診の先生も診るなり「うわっ!」とのけ反っていたんですが、実際、入院中めちゃくちゃ痛んだんです。

「これは治るのに時間かかりますよ。痛かったら看護師に言って痛み止めをもらって下さいね」って言われて、3日目ぐらいだったかな。もらっていたお薬が切れて痛みが出だしたのでブザーを押したんですけど、なかなか看護師さんが来ないんです。

やっと30分ぐらいしてやって来たんですけど痛み止めをお願いしたら、「じゃちょっと取ってきますね」と言って看護室に戻ったまま、また一向に来ないんですね。それでまたブザーを鳴らしたんですけど、やっぱり来る気配なし。。。

 

でも看護師さんがいるのは分かるんです。何故って私の部屋は看護室の2つ隣で、ドアも開けっ放しだったから、看護師さんたちの会話がモロに聞こえるんですよ。

 

で、話の内容はと言うと、夏のバカンスでのおバカ体験談。。。(-_-;)

 

スタッフ数人でキャッキャ言いながら盛り上がっているんですけど、看護師さんの声に特徴があって、その中に間違いなくいるのが分かるんです。

こっちは痛くて痛くてしょうがないわけですが、何せ痛い場所が場所なので、二つ隣の部屋どころか、一歩も歩けないわけですよ。

で、しょうがないから定期的にブザー鳴らすんですけどやっぱり来ない。

「もしかしてさっき押した時にブザーが壊れたとか!?」なんて思っていた矢先にやっと看護師さん再登場!

 

・・・この間約2時間・・・(-_-;)。

 

おまけにもの凄く不機嫌そうに、

「何度もブザー鳴らさなくも聞こえてますよ。また来るって言ったでしょ!」だと。

「いや、聞こえてたんかいっ!!」

もう呆れて言葉もないわ。

 

記念写真も撮れなかったよ・・・(涙)

 

もともと妊娠中の体調も良くなかった上に、初めての出産でドロドロに疲れているし、

おっぱいは張りまくるのに上手く出ずに乳腺炎になりかけるし、

赤ちゃんも舌が短すぎておっぱいが上手く飲めずにどんどん体重が落ちていくし(産後はいったん体重が減るものだけど、結局退院までほぼずっと減り続けたんです)、

スタッフはその態度だけでなく仕事ぶりも全く信頼が持てないし、、、

とにかく入院中、心も身体も全く休まらなくて、とにかく早くここから逃げなきゃ退院できないかな、とそればかり考えていました。

で、5日目に退院のOKサインが出たので「やったー(喜)!」ってな感じでいそいそ荷物をまとめていたんです。でも途中で支払いとか手続き上の事で一度受付まで行かなきゃいけなくて、小股でチョボチョボ歩いて行ってきたんですけど、用事が済んでもう一度病室に戻っていたら、途中でカメラを持った人とすれ違って。

「もしや?」と思ったらやっぱり! 産後の写真を取りに来たカメラマンだったんですね。

日本や他の国でこのサービスがあるのかちょっと分かりませんけど、フランスは産院に入院している間に専用の写真屋さんがやって来て、赤ちゃんの写真や母子のツーショットなんかを撮ってくれるんですよ。で、後日教えておいた連絡先に連絡が来て、欲しい写真があれば買い取るわけです(今はもしかしたらネット上でデータを送ってくれるのかも知れませんが)。

これ、なにげに楽しみにしていたんですよね~。なのにちょうど私が不在の時にやって来て帰ってしまったという。。。orz

 

◎結論。産院選びは大切です!!◎

 

産院4

 

いや~それにしても、このクリニックは本当にひどい所だったな。いま思い出してもハラワタ煮えかえってくるわ(怒)

良かったのは、主治医の先生が休みの時に代わりに一度だけ診てくれた年配の先生と、産直後にシーツを変えてくれた看護師さんと、めちゃめちゃ明るい会計のおばさんだけ。

 

後から思えば、定期健診の時点で他の産院を探すべきだったんでしょうけど、なにせ私も初産だし国も違うし、つわりも酷くてちょっとナーバスになっているし、「考え過ぎかも?」なんて思ってしまって。

あと単純にまた他の所探して移るとか面倒くさいという思いもあって(←正直これが一番大きかった)、結局そのままズルズルとそこに通ってしまったんですね。

まあ他にも原因はあったんですけど、この悲惨な出産体験も大きな引き金になり、産後数年間ウツに突入してしまいました。。。

 

ちなみに後から医療関係の仕事をしている知り合いに聞いた話によると、このクリニックは当時、重大な医療事故で患者さんとの間に大きな訴訟を抱えていて、行政から指導が入っていたんですって!(@_@)

これは大事故に巻き込まれなかっただけでも良かったと考えるしかないですね。。。(-_-;)

 

それから5年後。二人目妊娠の時は、事前によーく調べて他の病院の産科に行きました。家からは少し遠かったけれど、一人目に比べると先生からスタッフから部屋から食事から雲泥の差でした。もう良すぎてあと5日ぐらいのんびりしたかったぐらいです(#^^#)。

費用はほとんど変わらないのに産院によってこんなにも違うものなんだなあと、つくづく思いましたよ。。。

 

というわけで、これからフランスで出産を考えている皆さん!産院選びはくれぐれも慎重にした方が良いですよ!!

ネットでよく調べれば、結構近所の病院についても利用者の声が見つかったりするし(自作自演には注意ですが)、やっぱり口コミが一番強いかも知れません。

でもその場合、出来るだけ新しい口コミじゃないと、さすがに10年以上前の評判は当てになりません。その間に先生だけでなく、経営体制が変わっていたりすることも有るので。。。

 

産後は赤ちゃんは可愛いけど、疲れとストレスで心身ともにかなり追い詰められるので、産院が安心、信頼できるかどうかはとっても重要です!産院の対応一つで、なんならその後の母子の健康状態や精神状態も変わってきます。

産院は妥協しないでしっかり選んで、良い出産を迎えて下さいね^^!

 

この記事を書いている人 - WRITER -
アバター

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© アラフィフからの、自分ケア , 2018 All Rights Reserved.